人間のからだにある筋肉目的を持って力ラダを鍛えるとどういう変化があるのでしょうか?
1、生活にリズムが生まれる
2、健康になり、体つきが変わる
3、結果が出ると自信が生まれる
4、次第に「こうすれば、こうなる」という感覚がつかめる
5、想いと結果のギャップが埋まり、無駄がなくなる
6、 何事にも勇気と確信を持ってチャレンジできるようになる
7、その結果、また次の何かが生まれる


①生活リズムは人生の基盤となるものです。トップアスリートはもちろん、ビジネスで成功している人もきちんとした生活リズムをもっています。小説家は不健康の代名詞のようなイメージがあります。ところが、ミリオンセラーをきろくした村上春樹氏、彼は朝4時に起きて、午前中は自分の小説執筆、 午後はトレーニングをしてから翻訳作業。夜8時か9時には就寝という生活リズムを崩さないそうです。それが、村上氏の小説家としての息の長さと、作品の質 の高さにつながっているのでしょう。

生活リズムは、日常生活に筋トレをとり入れることで、比較的容易に作ることができます。たとえば、適度な運動をすると、心地よい疲労感が得られるので、眠りが深くなって、目覚めもスッキリします。これだけでも、運動不足で眠りが浅い人とは、大きな違いです。

②「健康になり、体つきが変わる」ことは説明不要でしょう。

③結果が出ると自信が生まれるというのは、筋トレでは比較的早く効果を実感することができるし、やればやっただけ効果があるので、自信も手に入れやすい。

さらに、筋肉を意識してトレーニングして、実際にカラダの変化を感じることで次第にこうすれば、こうなるという感覚がつかめる。この感覚を掴んで、仕事やプライベートに応用すると、想いと結果のギャップが埋まり、無駄がなくなる。

つまり、目的を達成する行動の精度が上がります。 目的を達成する確率が上がると、「やればできる」という確信が生まれてくるので、、何事にも勇気と確信を持ってチャレンジできる。その結果、自分が成長し て、また新しいことにチャレンジする。こんなサイクルに入れば、人生はどう変わると思いますか?

間違っても悪い方向に行くことはないし、現状維持もあり得ません。最低でも、わずかに成長するレベル。普通レベルでも、今よりはるかに良い人生が歩めるようになるのは、容易に想像できます。
つまり、筋トレをすれば、幸せになれるのです。






このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

MENU