ボディビルダー

もともとプロテインは「筋肉増強」とイメージされる方が多いかと存じます。いわゆる「ホエイプロテイン」とよばれるプロテインです。

「ホエイプロテイン」のもっとも効果的な取り方はトレーニングの直後に摂取するのが一番効果的です。トレーニングによって壊れた筋組織に対して効果を生み出します。

「筋肉の超再生」をうながすのにプロテインが強く働くのがトレーニング直後です。ほかにも「カゼインプロテイン」というプロテインの種類もございます。

このプロテインはトレーニングをしない日の食事の補助として、ダイエット時に起こりうる筋肉の分解、収縮を防ぐために効果があると言われております。

「ホエイプロテイン」と比較して「カゼインプロテイン」は分解に時間がかかります。身体に吸収されるまで長時間かかります。たとえばトレーニングを行う日は「ホエイプロテイン」を摂取し、分解もはやいため筋肉の増強をする。

トレーニングをしない日は「カゼインプロテイン」を摂取し、筋肉の収縮を防ぐようにする。こうすればプロテインを摂取して「パーフェクトボディ」を作れます。プロテインを使う際は「ホエイプロテイン」と「カゼインプロテイン」を使い分けてください。


ボディビルダーの食事法
タンパク質と炭水化物をある程度含む食事を1日に何度かに分けて食べる

②炭水化物と脂質の組み合わせは極力避ける

③寝る前でも無脂肪乳やカゼインプロテインなどを摂取し、絶食状態になる睡眠中の筋分解を防ぐ

④オメガ3やCLAなどの有益な脂肪酸をある程度確保する




以上が基本です。
+αで、トレーニング前中後に多様なサプリメントを使いこなす人が多いと思います。
摂取するプロテインに感して、植物性は細胞膜の関係から動物性に比べ吸収に時間がかかり、吸収効率が良くないと言われます。動物性はその逆。だからプロテインのほとんどが動物性です。

実際にそれ程の差があるか疑問ですけど。
食事内容は通常の多めの食事+プロテインで充分です。ササミがいいですが、意識して毎日肉を食べられるわけでもないですから。

逆に毎日だと身体を壊します。筋トレは継続する事に意がありますから、無理なくできる栄養補給の方法を選ばないと続きませんよね。

ボディビルダーのトレーニング方法
ボディビルダーを目指している人は、増量期と減量期を設けることで、効率的に筋肉を増やす期間を作っています。
1日の摂取カロリーが、1日の消費カロリーを上回っていないと筋肉を効率よく肥大させることが難しくなります。

筋肉を太くするにはそれなりの栄養が必要と言うことです。
摂取カロリーが消費カロリーを上回るわけですから、当然、あまったエネルギーは脂肪として蓄えられてしまいます。

なので、増量期は、あくまでも、筋肉を太くする為に、多少脂肪が付くことは覚悟の上で、カロリーを多く摂取する期間ということです。筋肉を太くするには脂肪も多少付いてしまうということです。

ある程度、筋肉量が増えたところで、減量に入ります。

今度は、消費カロリーよりも、摂取カロリーを抑え、栄養素などに気をつけつつ、筋肉量を出来るだけ維持したまま、脂肪を減らしていきます。

もちろん、常にハードな筋トレを行いつつの話です。
この方法が、筋肉量を増やすのに、もっとも効率のよい方法です。

ボディビルダーの賞金
恐らく、プロボディビルダーでも賞金の収入だけではやっていけないでしょうね。
一般的にはちゃんと正業をこなしつつ、トレーニング、節制している人が殆どだと思いますよ。

競技としては、日本では決してメジャーでは無いでしょうから、有名になってくれば、サプリメント広告に起用されたりだとか、トレーニング機器の販売、広告で採用されたりなどで、ある程度の副収入みたいなものはあるかもしれませんが、そういうケースは稀でしょうね。

また、中にはスポーツ生理学、栄養学に精通している人は結構居ますから、スポーツトレーナー、アドバイザー、インストラクターなどをしている人もいます。

ビルダーが格闘技を始めたら強くなる
ビルダーの筋肉は反動を使った動きに慣れていないため、すぐに活躍は難しいと思いますが、長期的に見た場合、同じ時期に格闘技を始めた一般人と比べてより強くなるのでしょうか。
技術はもっていないので、技術を習得すれば力では勝っているので強くなるでしょう。







このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

MENU