筋肉の3タイプ筋肉の3タイプ
人間のからだは皮膚、筋肉、骨、あるいは体毛、内臓、神経などいろいろな組織で形成されていますが、それら組織を大別すると、

①上皮組織
②支持組織(結合組織)
③筋肉組織
④神経組織
に分けられます。

これら組織の中で「収縮」できるのは筋肉組織だけです。収縮は筋肉の唯一の機能です。筋肉は収縮することによって力を発生させます。筋肉組織は、運動を生じさせるのに必要な収縮ができるように高度に分化した組織なのです。筋が身体の「動力機城」とみなされるのはこのためです。

筋肉組織は、形態や役割から
  1. 骨格筋
  2. 平滑筋
  3. 心筋
の三つのタイプに分けられます。

骨格筋
骨に付着し骨格をおおうように重層している筋肉を骨格筋といいます。
骨格筋は人体を形づくっています。筋線維(筋肉の細胞)は、一つ一つはやわらかくてもろいものです。そのため数多くの筋線維の束を包み、強さを与えています。包まれた筋線維の束が骨格に付着して、骨格筋をつくっています。骨格筋が収縮すると、それについている骨格を動かしてさまざまな身体運動を生じさせます。

骨格筋は全身に大小400種余りあり、体重の約40%を占めています。
骨格筋は意識的(随意)に収縮の強さや速さなどを調節できます。平滑筋や心筋が自分の意思でコントロールできないのに対し、骨格筋は意識的に動かす(収縮させる)ことができるため、これを「随意筋」ともいいます。

骨格筋の細胞は多核で、長くて円状をしており、明瞭な横紋がみられます。
このように骨格筋の特徴は、骨格に付着している横紋がある随意に収縮できるとまとめることができます。
詳しくは:400ある骨格筋のはたらき

平滑筋
平滑筋は横紋がなくて平滑にみえることからそう呼ばれています。また、胃、腸、膀胱、子宮などの中が空洞になっている器官や血管の壁にみられるので「内臓筋」と呼ばれることもあります。
平滑筋の細胞は単核で、両端がとがった形をしています。
平滑筋は、骨格筋のようにその運動を自分の意思で調節することはできません。そのため、これを「不随意筋」とも呼びます。
平滑筋の特徴は、内臓を形成する横紋がない不随意に収縮するとまとめることができます。

心筋
心筋は心臓だけにみられる筋肉です。
骨格筋と同様に横紋がありますが、単核であることが違うところです。心筋も不随意なので自分でコントロールすることができません。

このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

MENU