プロテインダイエットプロテインダイエット最近よく聞く言葉です。しかし、口コミやレビューなどでは、「効果が出ない」「以前より体重が増え た」「筋肉がつかない」「見せるための筋肉しかつかない」「プロテインでついた筋肉は偽物」などよく耳にします。いろいろな意見・イメージを持っている方 がいますが、ちゃんと基本知識があれば効果を実感することが出来るようになります。運動していつ飲めばいいの?飲み過ぎはいいのかなど、飲むタイミングと ポイントを書いていきます。

プロテインとは
プロテインとは、たんぱく質を効率よく補給出来るサプリメントです。サプリメントということは、飲めば筋肉がつくということはないのです。プロテインはあくまで、運動して壊れた筋肉を修復するために必要な、たんぱく質をすぐ摂取できる為、筋肉の修復スピードが速く筋肉が大きくなるのが早いだけなんです。

プロテインを飲まなくても食事で大丈夫ではないか
なんとなく、プロテイン使いたくないという人も中にはいると思います。しかし、部活・筋肉トレーニングなどで体を酷使する方たちの1日に必要なたんぱく質の量は、約体重の2~3倍と言われています。これを食事だけで摂取するのは、トレーナーがいないときついです。まず、この量のたんぱく質を取ろうと 思えば、間違いなくカロリーオーバーになってします。カロリーを抑えると栄養バランスが崩れてしまい体調が安定しなくなります。

しかし、食事のみでいい場合もあります。それは、少し走った、腹筋や体幹ちょっとやったなど、体の負荷がすくない時は、プロテインを飲まなくても少 したんぱく質を取る意識をして、食事を取るだけで大丈夫です。逆に少しの運動でプロテインを多く摂取すると太ってします。



他に飲むタイミングは?
実は一番忘れられることなんですが、運動してその日だけ飲めばいいということではないのです。筋肉が回復するまでに2~3日かかります。この幅は年齢・ 運動量で変わってくるためです。なので、運動したその日だけではなく、最低2日は上記のタイミングでプロテインを摂取することが大事です。

ポイント
・牛乳に溶かして飲むと美味しく飲めますが、ダイエットのためにプロテインを使う人は、水に溶かして飲んだ方がいいです。
・プロテイン摂取する時オレンジ100%ジュースと飲むとオレンジに含まれるクエン酸の効果で、疲労回復の効果もあり、たんぱく質の吸収が良くなります。
・しっかり飲むとすぐ無くなってしまい高くついてしまうという方は、海外製のプロテインを検討してみるのもいいでしょう。
安くて日本製には入っていないビタミン、アミノ酸など入っていて実はとてもいいものなんです。たんぱく質量も断然多いです。海外製は不安、信用できな いと思う人もいますが、日本よりトレーニングの知識がとても豊富で上記で書いたことも一般常識程度なのです。大手メーカーなら安心です。
・プロテインを多く摂りすぎると、吸収しきれない分は「脂肪」として、蓄えてしまいこれは太る原因です。


プロテインダイエットは話題であり実践している人は多く、人気のダイエット方法のひとつとなっています。
ダイエットを始めてから「プロテイン」というものを知りました。
イメージ的には、ボディビルダーが飲むというもので、飲んだらムキムキになる!という感じでした。

今では、プロテインには種類があって自分の目的に合ったものを摂取することによって体作りに役立つことがわかりました。

ダイエット目的で摂取するのにおすすめなのは「大豆プロテイン」です。植物性なので、カロリーも抑え気味で
摂取することでカラダの内側から引き締めたい人向きです。

は、飲み慣れるまでは美味しいものではなかったのですが慣れてしまえば結構ゴクゴク飲めてしまいます。
筋トレをするのであれば、効率よく鍛えるためにはやっぱりプロテインを取ったほうがいいです。確かに

タンパク質は、食品からもとれますが、料理に取り入れるのは手間がかかります。

1日1食あるいは2食を、普段の食事ではなく、プロテインを使ったプロテインクッキーや、プロテインドリンク、プロテインバーなどに変えるのが、プロテインダイエットのやり方です。

プロテインのクッキーやドリンクを1回の食事に置き換えることによって、カロリーの摂取量を無理なく減らすことができます。

プロテインはご存知のように、筋肉をつくるために大切な栄養素のひとつです。代謝の低い体は、ダイエットをスムーズに進めることができません。

体の筋肉量が低下するとカロリーが使いづらい体になり、脂肪として蓄積しやすくなってしまいます。ダイエットをする時にはたんぱく質はなくてはならないものであり、日々の食事から意識して補給したいものです。

プロテインによるダイエット方法の場合は、筋肉を作るのに必要な栄養素を欠かさず摂取する事です。基礎代謝の高い体でいるために、筋肉を増強していくこと を意識してみてください。カロリーを燃焼してエネルギーとして使える体であることは、ダイエットの効果を引き出すための基本となります。

ダイエットを成功させる為には、基礎代謝をアップさせられるかどうかが大切です。ダイエットをする時には、基礎代謝についての知識を得ておくことをおすすめします。

筋肉が体にあまりついていない人は基礎代謝が低いため、筋肉をつけることはダイエットを左右します。筋肉量が低下すると、基礎代謝の低い体になります。今 の体重がどのくらいかも大事なことかもしれませんが、プロテインで筋肉をつけるダイエットも考えてみてはどうでしょう。知るのと知らないのでは食材選びが全然違ってきます!

色々なメーカーが、ダイエットのためにプロテイン入りの食品をつくっています。プロテインのダイエット食品を1回もしくは2回の食事の代わりに食べるだけの簡単な方法です。

ダイエット食品を使うタイミングはいつでもいいのですが、高カロリーの食事になりがちな昼と夜をダイエット食品にすることが効率がいいようです。

昼だけ、もしくは朝と昼だけをダイエット食品にしていると、体重の減少はゆるやかです。あまりまわりに知られたくない、それほど体重を急激に落としたくな いと言う人にはこの方法がおすすめです。プロテインダイエットをする人が多いのは、方法がシンプルでわかりやすいためです。

プロテインを使ったダイエット食品を用意すれば、以後は食事を置き換えるだけです。気軽にできて続けやすいため、モチベーションも維持しやすく、ダイエットを達成したいという人にはぴったりの方法といえます。

実践しやすい方法であるプロテインダイエットでも、毎日同じ食品を食べていては、誰でも味に飽きてしまう事が考えられます。ドリンクやクッキー、バーな ど、味や形状を変えながら、プロテインのダイエット食品を使うといいでしょう。あらかじめまとめて商品を買っておき、今食べているものがつまらないと感じ たら商品を切り替えることも、プロテインダイエットを続けるこつです。



プロテインを勘違いしない

近年プロテインダイエットやプロテインによる筋肉増強を考える人が増えていますが、どのサプリメント等にも正しい知識が必要となります。

間違った知識を持ったまま使用すれば効能がない上に悪害になり得る場合もありますのでしっかりと知識を身に付けて使用しましょう。

プロテインとは英語でタンパク質という意味です。ただしタンパク質メインで作られているものはプロテインサプリメントと言います。

筋肉を維持又は増強する目的で摂取するのでトレーニングをし、長期にわたって継続することで脂肪に変わり、そのあと筋肉に変化するという効果が期待できてくるのですが 一部ではプロ選手やボディビルダーが愛用しているイメージから筋肉増強剤と勘違いしている人もいて、プロテイン摂取のみで筋肉が付くと考える人も少なくないです。

けれど、どのような摂取の仕方であっても体内では同じように分解・吸収されるので ダイエット目的に使用し食事量を減らしても脂肪になりやすいため、逆効果になってしまいます。 このように正しい摂取をしつつ筋肉増強に勤めていきましょう。


プロテインダイエットは、毎日の食事をする時に摂取するだけで体重が減る効果が期待できるダイエット方法です。ただし、プロテイン入りのダイエット食品自体にダイエットの作用はありません。

1日のカロリー摂取カロリーを少なくすることで、体内に蓄積されている脂肪を使わせることが目的のダイエットです。食事の摂取カロリーを抑えること以外に も、プロテインがダイエットに効果がある理由として考えられるのは、たんぱく質によって筋肉の成長を助けることで代謝が高くなり、脂肪の燃焼を促進することです。

ダイエットを成功させるためには、体内に取り入れるカロリーを少なくする一方で、体内で使うカロリーの量をより多くすることが重要な意味を持っています。

運動で消費カロリーを増やすことも大事ですが、筋肉が多くなれば新陳代謝も高くなり、ダイエットがうまくいく体になることができます。ダイエットに対して間違った方法を取ってしまう人も少なくありません。

ただ単に食事量を制限して、摂取するカロリーを抑えて体重を減らそうとするケースをよく見かけます。絶食すれすれのことをして体重を落とそうとする人もいますが、食事を抜きすぎると具合を悪くしてしまいますし、栄養不足で体に不調を来すこともあり、いい方法ではありません。

食事から栄養を確保し、体を維持する材料を得なければ、健康を損ないます。特にたんぱく質は運動によって多く消費されてしまうので、しっかり補給する必要 があるだけでなく、筋肉の成長には欠かせない栄養なので、ダイエット中の人には積極的に摂取する必要があります。

運動をしてカロリー消費を促進したり、筋肉を多くすることによって、食事を減らすだけのダイエットで起きがちなリバウンドを未然に防ぐことができます。プロテインダイエットは、適度な運動と組み合わせることによって一層ダイエットの効率が高まります。実践する時は運動と併用してはどうでしょうか。

このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

MENU