骨折などケガの修復にも有効プロテインというと、ボディビルを思い浮かべたりする方が多いと思います。

一方で、本当に筋肉がつくのかと疑問に思われる方も多いかもしれません。

ここでは、プロテインの摂取と継続的な運動は確実に筋肉を増強するうえで効果があるということを伝えたいと思います。

プロテインとはタンパク質です。
そしてタンパク質を摂る量は、タンパク質の消費量から最低所要量を決めるのが基本です。

タンパク質が不足した状態だと身体は筋肉から補おうとするので、筋肉が減ることになります。つまり確実に不足させないにはこれ以上摂る必要があります。

タンパク質(アミノ酸)の消費量は程度によりますが持久的運動の陸上、中長距離選手では特別な運動をしてない場合より20%ほど消費が多くなってることもあります。

こういう場合ですと何もしてない時より20%増しのタンパク質を摂取しないとたんぱく質欠損分は逆に筋肉が減ることになります。

筋トレをした場合は筋肉の分解と合成の両方が高回転してる状態でタンパク質(アミノ酸)の一部がエネルギーとして消費される量はほぼ加しなくてよい量です。

基本的には筋トレのような無酸素運動はタンパク質(アミノ酸)を消費する運動ではなく、意外にも長距離走ったほうが消費は大きいです。

筋トレのように筋肉に大きい負荷をかける運動をすると筋肉は適応で筋肉を増やそうとタンパク同化を高めますが、この時に筋肉を増やす分のタンパク質が無いと筋肉は増えようがありませんから筋肉増やしたいならタンパク質は合成に充てられる分も余計に取りましょう

今まで運動をとほとんどしてなかったなら腕立て伏せ、腹筋、懸垂でも限界までやればそれなりに筋肉は増えますが目立つような太い筋肉にするには高い負荷で鍛える必要があります。

たんぱく質はケガを修復する材料のひとつ
ケガの回復にもプロテイン摂取をアスリートのケガでよく挙げられるのが、骨折やねんざ、肉離れ、腱。靱帯などの損傷です。ケガによって組織が損傷したら、修復するためには材料が必要になります。

これらの組織は、カルシウムやコラーゲンなど、さまざまな栄養素が材料になっていますが、タンパク質もまた、その材料の重要なひとつです。

つまり、材料であるタンパク質を摂取することは、ケガの回復にも充分効果があると言えます。ダメージを受けた組織は、修復のためのタンパク質を求めています。ケガをした際は、普段以上にタンパク質を補給することをお勧めします。

また、ケガの種類によっては、プロテイン以外にも、より直接的に回復を促すサプリメントがあります。靱帯損傷やねんざなどの場合は、細胞を結合する働きを持つコラーゲンを摂ると良いでしょう。

プロテインでタンパク質を摂り、さらにコラーゲンのサプリメントを摂れば、損傷した組織を修復し、より強化することができます。軟骨などを痛めた場合は、軟骨の合成を促進するコンドロイチンやグルコサミンなどが適しています。ケガの内容によって摂取するサプリメントも変わってきますので、症状に合ったサプリメントを選ぶようにしてください。

また、ケガで休んでいるときは、運動によるエネルギーの消費量が落ちています。必要な栄養素はしっかり摂り、食べる量は普段より控えめにすることを心がけてください。また、病気の場合についても、タンパク質は必要です。

タンパク質は、体内組織を再生するホルモンや酵素の材料にもなっているため、病気の回復にも重要な役割を果たしています。筋力を維持し、病気による体力の消耗を防ぐためにも、タンパク質は欠かさず摂るようにしてください。もちろん、病後や術後の体力の回復にも、プロテインはお勧めです。




このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

MENU