プロテインタブレットプロテインには粉末の他にタブレットタイプ、ドリンクタイプ、クッキータイプ(プロテインバー)などもありますが、コストパフォーマンスの点で粉末のほうがずっと有利なので粉末のものが現在は主流です。

効果は、量的には変わりませんが、吸収されるまでの時間はやはり粉末の方が早いと思いますので、一番良いタイミングで素早く体に吸収させることで、効率よく筋肉に変えようと思えばやはり粉末タイプの方がいいと思います。

しかし、粉末タイプと違っての不味さに左右されず、牛乳などと一緒に飲むこともないのでタブレット型は飲みやすいです。

さらにかさばらないので、持ち運びも便利、作るのに時間がかからないというメリットもあります。

錠剤(タブレット)が多いのはアミノ酸ですね。
プロテインはそれなりに量を飲まないと意味ないですし、ホエイなどは美味しく味付けできるようになっているので、タブレットタイプのものは殆どありませんね。

アミノ酸は粉末状だと非常に強い苦みを感じますので(グルタミンは別です)、飲みやすさを重視してタブレットに加工してあるものも多いのです。

ただ、タブレットタイプのものは粉末タイプのものと比べてコストパフォーマンスが悪いのです。
粉末をタブレットに加工するという工程が加わっているため、同じ量で比べるなら粉末タイプのものよりも割高になっています。

飲みやすさ重視ならタブレットでも構いませんが、値段と量重視なら間違いなく粉末タイプをお勧めします。



このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

MENU