理想のボディデザインを目指して人生で何を目標にするのか、その目標実現に向けてどのようにアプローチしていくのか。 大きな壁にぶち当たった時に、あきらめてしまうのか、それともとことんチャレンジし続けるのか。

すべての成否は、個人の美意識の持ち方によって変わります。自我をコントロールしながら、自分の美意識をまっとうできれば、本当の自分を手に入れることができます。

欲求や世間のムードに流されて、美意識を失ってしまえば、「本当の自分」がどこにいるのかもわからなくなります。なぜなら、人間、自分自身だけはごまかすことができないからです。

一流のスポーツ選手たちのひたむきな姿などは、分かりやすい例でしょう。トップレベルのアスリートは、練習でも本番でも、勝負どころで歯を食いしばれるか、リスクを恐れず挑戦できるかという自分自身との戦いの連続です。

他人との勝負の前に、自分に克つ(勝つ)こと、が大前提ですし、より高い頂を目指すならとてつもない努力が必要となったり、一般人では出会うこともないほどの、ピンチやリスクに立ち向かわなければならないばめんも出てきます。自分が根幹からぐらつくようなピンチに遭遇した時、自分の中で弱さを感じた時に、 進むべき道、取るべき方法の判断基準となるもの。それが、個人の美意識です。言い換えると、自己イメージによって、何を選ぶかが異なってくるのです。

高い自己イメージの持ち主は、前向きにチャレンジする方向性の判断ができます。逆に、低い自己イメージの持ち主は、それなりの選択や、逃げる方向の判断をしてしまいます。

世のトップアスリートたちは、プロフェッショナルとしての高い美意識を持って、どんな困難な状況にも前向きに立ち向かい、 自分を成長させているのです。

ボディデザインのトレーニングも、続けていくと辛い場面にも遭遇します。きつくなってくると、時間がないからしょうがない、昨日頑張ったから今日は軽め に、今日はちょっと疲れているからと、自分の中ですぐに言い訳を考えてしまい、それに納得しようとしてしまいます。頑張ろうとする自分と、楽をしたい自分 が葛藤を始めるのです。

私も日々、そういう葛藤と戦っています。しかし、理想のボディデザインを手に入れ、それを維持していくためには、自分の目標に対して、諦めずに日々努力し続けなければなりません。

そこで鍵となるのが、高い自己イメージに基づいた美意識です。あきらめそうになった時、挫けそうになった時、「本当に自分はこれでいいのか?」と自分に問いかけてみるのです。自己イメージが低い人なら、最初は「自分はこんなもんだ」、「しょうがない」という答えが出てくるでしょう。それでも、「本当に?」と問いかけてみてください。そのうち、頑張ろうとする自分が目覚めてきます。現状を変えたい、何とかしたい、より良くしたいと思っている、自分の声が聞こえてきます。

高い美意識による「本当に?」という繰り返しの問いかけに答える声。それこそが、まさに「本当の自分」なのです。
ただ、ここで問題となるのが日標の設定方法です。もちろん、目標は高く持つべきです。

しかし、目標が高ければ高いほど、今の自分との距離感を強く感じて、絶望的になってしまう人もいるでしょう。そういう時は簡単に達成できる目標なら志高い 目標とはいえない。と言い聞かせてください。高く掲げた目標を達成するためには、まず最初の一歩を踏み出さなければなりません。

でも、逆に言えば、最初は一歩だけでいい。その一歩だけで、今まで思ってもみなかった方法論に出会えたり、掲げた目標が、さらに輝いて魅力的なものに思えてきます。

その繰り返しで、また一歩と、長い階段を一段一段上がるように、筋トレを続けていく。その先には、カラダが自然とアナタの美意識に応えてくれる世界が待っています。

カラダを鍛えれば、ココロが磨かれる。これは世の中の真理です。
あなたは、自分の美意識に応えていますか?
自分の美意識を意識すれば、本当の自分も見えてきます。


限られた時間を使ってトレーニング
例えば鍛える時間が5分間あったとしても必ず毎日5分というわけではありません。慣れてきたら、自分の時間の許す範囲で、10分にしたり、15分にしたりと調整すればいいでしょう。最初のきっかけは、肩凝り防止でもメタボ対策でも何でも構いません。1日最低限5分というハードルの低さが、ボディデザインに目覚めるきっかけになるのです。

そして、5分でもやれば、自分の気持ちの中で「やった」という充実感が少しでも残ります。この充実感を少しずつ積み上げていくことで、 モチベーションを維持することができるようになってきます。 また、筋トレは、気軽に取り組める運動です。

気楽にできる自分のメニューを持っておくと、さまざまなメリットがあります。たとえば、今日は食べ過ぎたなあという時でも、「明日、ちょっと筋トレすればいいか」と思えるようになってきます。私は、これを「リセットメニュー」と呼んでいます。 食べ過ぎると、「やばいな」、「まずいな」という負の感情に支配されていきます。そんな心理状態は、ストレスがかかるし、食事も楽しめません。

しかし、リセットメニューがあれば、「明日、運動すれば食べても0K」という前向きな気分のままでいられます。リセットメニューが心理的なセーフティーネットになって、その時間を存分に楽しむことができるようになるのです。少しだるくて調子が出ないという時も、今では横になって休むという選択肢しかなったかもしれません。これが、5分の筋トレでリフレッシュできるとしたらどうでしょう?

1時間の運動では、それこそだるくてやる気が起きないと思いますが、5分でいいのですから、ちょっとやってみるかという気にもなれます。そして、5分でもカラダを動かして筋肉に刺激を与えれば、 ココロもすっきりしてきます。 食事制限のダイエットをしている人は、よくこんなことを言って嘆いています。

せっかく頑張ってきたのに、1回の飲み会で食べ過ぎ、飲み過ぎて、振り出しに戻ってしまった。「ちょっと甘いものを食べたら、今までの努力が台無しになってしまった」。 でも、1日5分というリセットメニューがあれば、こんな嘆きとは無縁です。食べ過ぎたら、筋肉を鍛えて燃やせばいいだけの話なのです。

結局、こういう悩みが出てくる理由は、食事制限によるダイエットが、非日常の取り組みだからです。非日常の取り組みは、続けるのが難しくて当然。つねに挫折のリスクがつきまといます。 「継続は力なり」という格言があるように、大事なのは続けること。ストレスがかかることを日常に組み込むと、継続も困難になります。だからこそ1日5分という続けやすい時間で、自分にとって最高の頑張り方を模索していくことが重要なのです。



このページを見た人は、こんなページも一緒に読まれています!

MENU